2004.3.11〜15 inオーストラリア

Product 2004.4 autobahn Corporation All rights reservid.

by 飛騨アイランダークラブ

平成16年3月11日〜15日の日程でオーストラリア
ケアンズ・グレートバリアリーフ(2度目)でジギングを
してきました。朝9時頃から夕方4時頃まで竿を振り
つづけ完全燃焼でした。ちなみに、ジギング専門で
ボートをチャーターしたのは私が始めてとの事でした。
結果は、バイトも多く何度もヒットしたのですが、サン
ゴ礁にすぐ持っていかれるのと鋭い歯の持ち主の魚
の為、ラインブレイクが多く取り込めたのは6、7匹で
した。

サイクロンが近づ
いているとの事で
46フィートのクルーザーも大揺れ。

ポイントまで走る事
一時間半、1番最初に
ヒットしたのは私でした
が、最初に取り込んだ
のは、ゲンちゃんこと
元田氏。
ブルーの100gのジグ

一見カンパチだが、色と胸ビレが全然違う!?

最後まで暴れるが
慎重に取り込む。

何じゃコリャ!
と生きたサンゴ
を釣ったいわさん
岩田勇氏。

少し小ぶりのカンパチもどき

南洋カイワリくん

小さいフエフキダイ

6時間しゃくってしゃくって疲れました。

走る走るドラグが
鳴る鳴る、もうあかん
と弱音を吐くが皆に
励まされ格闘中。

巻いては出て行く
又、巻いての繰り返し

取り込んだ直後は魚が持ち上がらない
程、疲れていました。

GT

ジグはピンクの150g

Giant Trevally

和名ロウニンアジ

Shaft GrandWave-X
Reel STELLA 8000H
Shock Leader 60LB

夕食にケアンズの日本食レストラン・カモメに持ち込み、刺身・
マリネ・寿司・煮付け・焼魚・バター焼き・しゃぶしゃぶ・鍋などで
9人で美味しく頂きましたが、食べきれませんでした。

釣りバカTOPへ

グレートバリアリーフ釣行記

Cairns周辺の川釣りは
誰でも手軽に出来て、
大物も結構入れ掛りでした。