今年のフクラギは丸々と太っていますョ

富山湾も荒れる日が多くなり
週末もダメだろうと予測して、
金曜日に自動車屋のN氏と
AM4:00に高山を出発し、AM
6:30には沖にいました。
船首がうねりに突っ込むくら
いの海況の中、入善へ着くと
5、6隻の漁船と2、3隻のプレ
ジャーボート、さすがに平日は
少ないな〜と、他船のジギン
グを観察しているが釣れてい
る様子がなく、あまり期待せ
ずピンクのジクを投入60mで
底に着きしゃくり始め、40m
くらいでガツンとヒット、5匹ほ
ど釣上げた頃N氏にもようや
くヒット。飽きない程度に釣れ
続くも食いが浅いのかバラシ
が多く10匹以上が船べりで
サヨナラでした。


先週の太刀魚をと思いAM4:50の
真っ暗な港を出て、薄明るくなって
すぐジクに乗ったが、30分の勝負
で太刀魚は12匹だった。
アオリイカは2時間ほど粘ったが、
風が変わり結果は下の写真、だが
胴長20cmを交え型はバラバラ。
去年より3週間遅れで釣れだしたと
いう感じである。底物は息子雄士に
マハタの40cmがつれてゴキゲン!
AM10:30頃より沖合水深400mで
赤イカ(タルイカ)を狙い予想を大きく
外れて6パイかかり取り込んだのは
4kクラス4ハイだった。なおインター
スナップが伸びて取り逃がしたのは、
おそらく12kgを超えていたと思う・・
・・・・・・・('_`)シュン

ひさびさの!

乗組員(息子と工場長)にも一杯づつ上がりました。

デジタルカメラがビデオモードになっていて、残念ながら
期待した写真は画質が粗くしかプリント出来ませんでした。


海が荒れている時は山が1番。
マッタケ狩りに行きました。
2本だけでした・・・・・・・・


今朝も意気込んでAM4:50出港
生地沖、タチウオポイントへ真っ
暗の中、波に叩かれながら到着。
暗いうちからジギング、エサ釣り
とやってみるがピクッとも当り無し。
後で聞いたが他船もほとんどボウ
ズらしかった。タチウオは卵を産ん
で故郷に帰ったかな?
結構な荒波を入善まで行ってみた
が、潮が全然いってなく不発。
土産を確保とがんばって経田沖で
赤いか3杯でした、上に乗っかって
いるのは赤いかの赤ちゃんではな
く、活性が悪くなんとか途中で一杯
あげたアオリイカ、これが一番美味
しいだろうな〜。



イカとミギス53匹

早朝から、視界80mの濃霧しばらく様子を
見るも回復の様子は見られず、
危険と十分承知の上、船を出す。
(反省)
7ノット位で20分、150mラインでの釣果。
途中、20フィートの小型船が港へはどの方角
へ向かえば良いのか尋ねて来た・・・・・
GPSで教えてあげたが、後で考えると、
何も計器無しで操船しているとは!?
 ・・・恐ろしい・・・・・・・・

ベタ凪のAM5:00
釣り場に急ぐ船中
期待は膨らむが・・・・


平成15年5月11日久々の
魚津の海いつもの年なら、
アジなどの小魚からがんどブリ
など沢山いるはず・・・・???
当日の水温は16度確かに
冷たいようなきがするけど・・・・・
どうなっているの?
まぁ焦らず時期を待ちましょう

今日の予定は朝一番から
曳き釣りでフクラギ狙いと
決めていたが、マリーナで
漁師の先輩や、仲間のキャ
プテンに情報を聞いてから
コロッと気が変わり、太刀魚
釣りに切り替えた。初めてク
ルーとして私のFX26ZIIに乗
船する石原氏と2名で、気を
入れてAM5:00前に出航、
真っ暗の中、ライトで照らし
ながらポイント到着。
仕掛け準備の間に薄明るく
なってきた、3m強の風が吹
いているのでオートスパンカー
での流し釣り、天秤エサ釣りと
ジギングの2本立てだったが
どちらが良いともいえない結果
で、小物釣りでゲストのお土産
を追加してお昼に沖上がり。


刺身は絶品です!

 

先週と同じAM6:00出航。
ベタナギで28ノットで目的
のポイントまで15分で到着
ワクワクと1投目。・・・・
当り無く、オートスパンカーを
駆使してポイントアタックするが
何ひとつ釣れない、先週は
ギョウシンとか釣れたのに訳
わからない。潮、仕掛け、エサ
万全なのに・・・・・うろうろして
いる間に10時近くなり、あちこち
の30mラインのポイントを釣り
歩いてお昼2時までの釣果でした。
柳の下にドジョウはいなかった
けれど、思わぬ獲物に出会えたり
海は本当に難しく面白いフィールド
です。

 

お昼12時をすぎる頃はイケスは
大賑わいでした。



ゴールデンウイークに沖縄県の与那国島へカジキのトローリングに行ってきました。
あいにくの荒天で波高3mの中10時間ガンバリましたが、ノーヒットでした。 しかし
南太平洋の海、ハワイ、小笠原諸島などすごい所は沢山ありますが、この与那国
の海は、想像をはるかに越えていました。何と言ってもここの回遊魚の密度の多さは
今までに経験がありません、活餌でトローリングするのですが、カツオとキハダマグロ
は見渡す限りのナブラにわんさといました。前日には200kgのクロマグロを揚げた
と海人(ウミンチュ)が噂しており、次回は時期とタックルを万全に挑戦いたします。


平成15年3月16日、週末のたび荒れて
いた海、3週間ぶりのの釣行。朝6時出港
で、ベタ凪の海を新潟の県境に近い朝日
町へ28ノットで約30分ほどで到着。私の
艇で見つけたポイント、半径5mたらずの
極小根に、底物がワンサカいる。そんなに
深くはないが、高性能の魚探がなければ
発見が難しいポイントである。F社の最新
魚探10.4液晶モニター振動子3kwでバッチリ
映る。少々きつい風に押しやられながら一
時間ほどポイントアタックを繰り返しながら
釣果は写真の通り満足のいくものでした。
カサゴ15、マハタ4、オキメバル3、アイナメ1
オニカサゴ1、カジカ4。
このところのイカ、イカ続きでのひさしぶり
のうまいサシミとアラ汁、焼魚、から揚げと
豪華に堪能しました。

台風一過多少のうねりを
覚悟して、AM6:00出航。
大きな波をかわしながら
15ノットで入善吉原へ到着
100mラインを風に押しやら
れながら、1投目からガクン
ガクンと当りがあり、上が
って来たのは、ギョウシン
(赤ムツ)のいい型、3匹を
釣ったところで、潮が止まり
当りが遠のくが、80m以深
でオキバチメ、カサゴ、六紋銭
(カレイ)などを15匹ゲットし
風が変わりうねりが大きく
なって来たので魚津沖へ・・・
30mラインでキジハタを6匹
程と、ちびアオリイカを追加して
12時過ぎに帰港。
自称、底物師のまずまずの釣果
でした。


ワームを使った自作エギ
結構、乗り乗りです。

2月16日、朝から雨降り・・・・
とにかくお土産だけは釣ろうと
ずぶ濡れになりながらお昼まで
には、二人で26パイを確保。
洗艇したころは、寒くて震えが
止まりませんでした。

2003

11月2日〜6日、タイ王国プーケットのインド洋でチャーターボートに乗り、釣りをしてきました。
2日間とも風が強くてうねりが大きく釣果はいまいちで、カツオ、キハダ、シイラ等、十数匹のみ
ブルーマリーンは気配もありませんでした。  象乗りが1番面白かったかな!?


大漁!
2003年の釣果