小笠原父島を発つとき毎回、
泣けてくるシーンです

2002. 7. 7

小笠原諸島の巨魚たちに今回も逢う事ができ、
そのバトルはフィシングのK1といったところでしょうか。
  

小笠原遠征も飛騨アイランダークラブとして15回以上を数え、
チャーター船は毎回泰丸(荻倉船長)を利用させて頂いております。

サメの猛攻を潜り抜け
手中にした会心のヒレ
ナガカンパチ、モロコです。

小笠原諸島は火山島だけあり、南の島の楽園
のイメージとは程遠いような厳しさを秘めています。

高山市民時報の記事に掲載された写真。

by 飛騨アイランダークラブ
小笠原遠征釣行記
ハロゥという魚(ホウキハタ)
  12kgメチャ高級魚

副会長山腰氏
えびす鯛26kg
珍しい魚です

2000年遠征